伊藤忠グループのフルリノベーション

ITOHPIA HOME TOP

  • 無料診断
  • 資料請求
  • 来場予約
  • HOME
  • CONCEPT
  • OUR WORKS
  • HIGH QUALITY
  • COMPANY
  • SHOW ROOM

イトーピアホームのリフォーム HOME > OUR WORKS > 光と風を呼び込む、白の開放感。

光と風を呼び込む、白の開放感。

築年数がとても古く、間取りも今どきでないマンションが、
光と風に満ちた、開放感あふれる空間へと生まれ変わりました。

日当たり良好なのに、暗く閉鎖的な空間。

施主様は、30代の共働きのご夫婦です。購入したマンションには、奥様のご両親がお住まいになっており、その縁で購入されました。マンションは築年数が44年と古く、内装や間取りも今のライフスタイルに合っていませんでした。そのため、はじめからリフォームが前提です。イトーピアホームを選んでいただいたきっかけはWEBサイト。リフォームの事例をご覧になってお声をかけていただきました。

はじめて物件を見せていただいた時、一番気になったのは全体的な暗さ。物件は8階で、とても日当たりが良いのですが、各部屋がきっちりと仕切られているため、空間が閉鎖的で、せっかくの陽光も全体に行きわたらない状態でした。
また、ダイニングキッチンが狭く、脱衣室もありません。洗濯機をダイニングキッチンに置くレイアウトになっており、狭く使いづらいということは容易に想像できました。

施主様の主なご要望は、バルコニーに面したリビングダイニングキッチンを設けること、さらに洗面脱衣室も設けて、洗面、浴室、トイレも独立型にすること。それらを実現するには間取り、内装の大幅な変更が必要と判断しました。

  • 物件は築44年の3DKのマンション、日当たりが良い環境なのに全体的に暗い。
  • DKが狭く、脱衣室がない、使いづらく快適性に欠ける作りになっていた。
  • 施主様の要望は、バルコニー側にLDKを設け、洗面、浴室、トイレを独立型にすること。

明るく、開放感のある間取りと内装に。

間取りを変えるにあたって、日当たりの良さを最大限に活かして、全体的に明るく、開放的な空間にしたいと考えました。そのためにバルコニーに面していた洋室と和室を取り去り、さらにダイニングキッチンも広く取って、13.5畳のリビングダイニングキッチンに変えました。3DKから2LDKへの変更です。



リビングダイニングキッチンの横には主寝室を置きました。戸を開けておくと、ダイニングと続いているように感じられ、より広さを実感できます。玄関から入ってすぐの和室も洋室に変更。書斎や作業部屋、あるいは将来子ども部屋として使うこともできます。

リビングダイニングキッチンへの戸も引戸にして、全部開け放てるようにしました。玄関からバルコニーまで抜けが良くなるため、光や空気の行き来が格段に良くなります。主寝室にも室内窓を設け、光や風を取り込めるようにしました。これまでの暗さが解消され、空間全体がとても明るくなります。

キッチンにはカウンターを設けて、動きやすく、使い勝手の良さもアップさせます。洗面脱衣室を設置したことで、洗濯機をそこに置くことができ、使いやすさも快適性も大きく向上することが期待できます。
内装は、施主様がシックなデザインをお好みなので、「白」で全面的に彩り、そこに他の色でアクセントをつけていくことにしました。

  • バルコニーに面した2つの部屋を無くして、広いLDKを設置、3DKから2LDKに改造。
  • 室内全体に光がたっぷり入って、風の行き来が生まれるよう随所に開放感を演出。
  • キッチンも広げ、洗面脱衣室も設け、使いやすく動きやすい空間を実現。

広さと明るさを生み出した「白」の効力。

約3ヶ月間の施工を経て、築44年の3DKは、シックなデザインの2LDKへと生まれ変わりました。大きく変わったのは、明るさと開放感。天井、壁、床を白くしたことで空間全体がパッと明るくなりました。陽光が入ると、白に反射するので天気の良い日は自然な明るさが室内中に行きわたります。さらに主寝室側の壁をななめにして、LDKに広がりを持たせています。

リビングの一部はタイル床にしました。少し床を下げていますが、これはバルコニーとのつながりを表現したデザイン。床を二重にして遮音や冬場の冷えの緩和にも考慮、夏は素足だと気持ちがよいでしょう。

また、収納スペースもしっかりと確保。ダイニングキッチンの壁側に置き棚を設け、その上下にも戸棚を作りました。新たに設けた脱衣室、トイレにも戸棚を作っています。洗面台の床は肌ざわりと水はけのよい塩ビ織物の素材を採用しました。シンプルでシックなデザインが目を引きますが、心地よさや使いやすさにも十分配慮した家となりました。

  • 天井、壁、床を膨張色である白にしたことで、広く感じられる空間となった。
  • リビングは一部をタイル床にして、他とは異なる心地よさを演出。
  • LDKをはじめ洗面脱衣室、トイレにも棚を設け、収納スペースが大きくアップ。

光と風を呼び込む、
白の開放感。

一覧に戻る

  • 築44年 鉄筋コンクリート造
  • 延床面積:53.55m²
  • リフォーム面積:約50m²
  • 施工期間:約3ヶ月
  • 所在地:東京都大田区
  • 施工:イトーピアホーム株式会社

一覧ページに戻る

前の記事を見る

次の記事を見る

イトーピアホームのリフォーム HOME > OUR WORKS > 光と風を呼び込む、白の開放感。