伊藤忠グループのフルリノベーション

ITOHPIA HOME TOP

  • 無料診断
  • 資料請求
  • 来場予約
  • HOME
  • CONCEPT
  • OUR WORKS
  • HIGH QUALITY
  • COMPANY
  • SHOW ROOM

イトーピアホームのリフォーム HOME > OUR WORKS > ビルのあるべき姿を目指すリノベーションとは。

ビルのあるべき姿を目指すリノベーションとは。

鉄骨造のメリットを活かしてビルの耐用年数を伸ばし、
生活にあわせてゾーニングすることで、暮らしはもっと心地よくなる。

もったいない…

リフォーム紹介サイトを介してのご縁で、3階建ビルのリノベーションをご希望されているご夫婦をご紹介いただいたところから始まった今回のプロジェクト。当初は、どんなリフォームをして、どの会社にお願いするかをご検討され始めたところでした。私たちも、オーナー様の信頼を勝ち取るべく、早速ビルの診断からスタートしました。

今回わたしたちがこのビルを診断した際に感じたことは、ただ一言、「もったいない…」鉄骨ALC造地上3階建。建物のスペック的には申し分のないもの。十分な広さもあり、構造的な優位性があるのに、決して活かしきれているとは言えない、と感じたものでした。

建物は築30年を経過しており、3階部分の内装リフォームしか手をかけていない状況。外部の塗装はいつまでも持つ状態ではなく、サッシば耐用年数ギリギリの状態。鉄部、バルコニーや屋根などにも劣化部分がいくつもみつかりました。

また、ご家族の暮らし方などを伺ってみると、冬はお風呂場が寒く、キッチンも古くガタがきている、収納が少ないので一部屋を納戸のように使っている… 等々生活上の支障もいくつか抱えていらっしゃることがわかりました。しかもご主人はリタイアされたばかりで、これからのセカンドライフをもっともっと快適に過ごしたい、と考えていらっしゃる。すべてのタイミングが、まさにリフォームすべき時期であったと言えました。

私たちはいつもの通り、さらに建物を徹底的に調べあげました。建物の各部分の状態、建築上のゾーニングの問題、ご家族の日常の生活の様子… 様々な視点から、それぞれの専門家がチームを組んで、よりよい最適解を得るために、徹底的に診断とオーナー様との対話を繰り返していきます。特に今回のようなビルのリノベーションの場合は、建物の耐用年数を伸ばすことを重視することがとても大切なことだと繰り返しご説明いたしました。

さらに新築した場合との比較など、オーナー様と様々な議論を重ね、このビルのあるべく姿を描いていき、最終的にはオーナー様の信頼を得ることができて、イトーピアホームでご自宅ビルのリノベーションを実施していただくことになりました。ビルの耐用年数を伸ばすことこそが、ご夫婦がこの先、安心して暮らして行けることにつながります、という私たちのご提案にご理解をいただいたところからプロジェクトはスタートしていきました。

  • 築30年の鉄骨ALC造3階建ビル、診断結果はビルの傷みを直す工事が必要。
  • ゾーニングも改善ポイント。ご夫婦が暮らしやすく、心地よい間取りとは言えない。
  • セカンドライフをより快適に過ごすためにもしっかりリフォームしたいご要望があった。

安心なセカンドライフは、安心な住まいから。

私たちがいつも主眼においているのは、そこに住まわれるご家族の住みごごちです。ただ、見た目を綺麗に整えればそれで済む、というわけではありません。この先の長いセカンドライフを、安全にそして快適に過ごしていただくために何をすべきか。様々な問題点や課題を整理して、優先順位を導いていきます。

私たちのご提案はよくばりなものでした。いま、このタイミングで建物自体のケアをしっかりしておかないと、さらなる劣化を止められず、今後二重三重の工事を強いられる可能性がある。まず第一に建物の耐用年数を伸ばす工事を優先的に行って参りましょう。それにはサッシの取り替えが発生することになるが、デザイン的にはそれを逆手にとって、サッシの位置を変え、ゾーニング上の問題も解決してしまおうとするものでした。またビルのスペックにあった、住宅用のものではなく、手間がかかってもビル用のサッシにして、より気密性を高め、寒さ暑さ対策をした上で、住みごごちの問題もクリアしていく、一石何鳥も狙うというプランです。

鉄骨造の持つ躯体の特徴をよく理解してる我々だからこそ、表面的なリフォームではなく、長期にわたる使用に耐えられる施工ができます。今回の場合も、一部外壁ALC板の交換、屋根やベランダの防水工事、外壁や外階段等の金属部分の塗装工事など様々な、室内リフォーム以外の工事もしっかりと行う。さらに室内の床、壁、天井にはしっかり断熱材を充填し、どの部屋にいても快適に過ごせる計画にしました。そしてイトーピアホームなら、それらすべての工事を一気通貫で行うことができることも評価のポイントでした。目に見えない部分もしっかり修繕しておけば、この建物ならしばらくは安心して暮らせる、安心して暮らして欲しい、というご提案を受け入れて頂けました。

暮らしに関しては、160平米を超える延べ床面積を活かして適材適所の収納を設け、ものをすっきりしまえて快適に過ごせるようにしました。部屋数は減ったもののご夫婦の生活にみあった過ごしやすい間取りです。気密性を高めるなど室内環境を大幅に向上させつつ、暮らしやすくなる間取りにする。快適性を大幅に改善していくことも評価を頂けたポイントでした。

  • ビルの耐用年数を伸ばす修繕をこの機にしっかりとしておく。
  • 同時にゾーニング上の問題を解決。間取り的に生活しやすくする。
  • 快適性の向上。居住空間を過ごしやすくする工事も同時に行う。

ご夫婦の暮らしに見合った快適な住まいへ。

ビルの外観は、木目調のルーバーが生活をほどよく隠しつつも採光はしっかり取り込み、またデザイン的なアクセントにもなりモダンに大変身しました。照明計画にもこだわり、明かりが灯る夜は、暖かな雰囲気を醸しつつ、防犯性にも優れた特徴のある建物になりました。もちろん、建物の劣化を食い止める、防水工事や、塗装工事、一部ALC板の交換などもしっかりと行なっています。そして、一番の問題であった耐用年数ギリギリのサッシも、手間でも鉄骨造のメリットをより享受するビル用のサッシに交換することで、気密性能は大幅にアップしました。さらに、断熱材もしっかり充填しましたので、温暖の差が抑えられ、住み心地は大幅にアップしています。

室内は、豊富な開口面を最大限に活かすゾーニングへと変更して、明るく開放的な空間が生まれました。ご夫婦が生活しやすい生活導線へと整え、広い延べ床面積を活かして適材適所に収納も設けましたので、すっきりと快適に暮らして頂けます。 白と木目を基調としたデザインが優しく柔らかな印象を醸し、夜にはダウンライトや間接照明によって、しっとりと暖かく落ち着いた雰囲気でお過ごし頂けます。

古くてガタのきていたキッチンをはじめ住宅設備も一新し、お二人の暮らしをサポートします。一昔前のものと比べると、格段に使いやすくて清潔でかつ安全です。キッチンは開口面に向かって余裕を持って配置しましたので、広くて明るく、お料理のしやすい、奥様お気に入りの場所になりました。コンセントの場所など、細かなところにも配慮して、生活がしやすくなる工夫をいくつも施しました。

ご夫婦ができるだけ楽に、ゆったりとくつろいで暮らしていただけるように、ゾーニングプランにこだわり、大きなリビング・ダイニングを生活の中心に据え、そこからの生活導線にもゆとりを持たせて、安全で快適なセカンドライフをお過ごしいただけるよう配慮しています。長く暮らしていただけるように、見えないところからしっかりとつくり込んでいく。手間はかかるけれども鉄骨造ビルのあるべき姿を目指して、安心で快適な暮らしを手に入れていただきたい。私たちの想いに共感いただいて、ご夫婦の理想を叶える住まいになりました。

  • 外観は木目調のルーバーがアクセントとなり装いも新たに一新。
  • ご夫婦の暮らしにあわせてゾーニングも一新。広く、明るく、開放的な空間へ。
  • 住宅性能を高める目に見えないところから、住宅設備まで一新。長く安心して暮らしていただける住まいになりました。

ビルのあるべき姿を目指す
リノベーションとは。

一覧に戻る

  • 築30年/鉄骨ALC造/3階建
  • 延床面積:168m²
  • リフォーム面積:116m²
  • プランニング:3ヶ月
  • 施工期間:4ヶ月
  • 所在地:東京都
  • 施工:イトーピアホーム株式会社

一覧ページに戻る

前の記事を見る

次の記事を見る

イトーピアホームのリフォーム HOME > OUR WORKS > ビルのあるべき姿を目指すリノベーションとは。